さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS リニア新幹線

<<   作成日時 : 2008/10/22 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京と大阪を結ぶリニア中央新幹線構想のうち、首都圏−中京圏の平成37年開業を目指すJR東海などは21日、南アルプスをトンネルで貫いてほぼ直線で結ぶなどの3ルートについて、いずれも地形や地質の面から建設可能とした調査報告書案を自民党リニア特命委員会に提示した。具体案の提示は旧国鉄の民営化後初めてで、建設に向け前進した。

ニュースソース↓
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/188610/

夢のリニア新幹線がいよいよ開業に向けて動き出しました。大きな国家プロジェクトなんだけど、これって、国家予算に入ってるんだっけ?後日調べてみましょう。

3ルートのうち、長野県が諏訪地方を通せと言ってるみたいですが、けっこう大きなカーブになっちゃいます。それで、リニアの高速に影響が出ないなら良いけど。
むしろ、その駅を作るより、そのリニア新幹線の駅に直結する交通網をどうするかのほうが大事だと思います。

先週、土曜日に、地方空港の危機についてワイドショー?がやってたんだけど、竹中元大臣(あの、めちゃめちゃ金融経済)が、地方47都道府県に1個づつ空港が必要なんかというてました。まあ、はっきり言えば、地方にも必要だよ。ここ四国でも4空港があるけど、うちから高松空港まで約45分くらい。これがないと、徳島か岡山になっちゃいます。岡山空港まで、瀬戸大橋通れば1時強間くらいかな。徳島空港空港でも1時間。ただし、タカーい、高速料金が必要です。また、空港へのアクセスが悪いから、利用率が悪いっていってるけど、通常、空港みたいなバカでっかい施設、アクセスの良い場所にはつくれんでしょ。まして、空港は国家予算で作れても、アクセスする道路や鉄道は補助はついても、起債になってしまうんで、どっちにしてもお金がたんないんだから。

なんで、JALやANAが採算に合わないといって、地方空港の便数減らせば、地方はますます寂れて、どんどん地方格差が広がるだけだよ。

だから、燃旅費がかかってばかでかい図体の大型旅客機ばかり飛ばさずに、昔のYS−11みいたいな飛行機を地方空港間で飛ばせば、もっと活性化するような気がします。
まあ、素人考えですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リニア新幹線 さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる