さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書 (11/13)

<<   作成日時 : 2008/11/14 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の昼、ちょいとショックな事があり、寝つけませんでした。で、帰りに買った文庫本、仙川環さんのデビュー作「感染」を
読みました。寝つけなかったんで、読み出すと止まらず、300P一晩で読んじゃいました。

ご本人のブログはこちらです。
http://ameblo.jp/senkawa-tamaki/

12:30に読み始め、1:30に一旦寝ましたが、2:30に目が覚め、面白くなって5:00過ぎまで読んでました。
この作品は、2002年の第1回の小学館文庫小説賞受賞作品(ミステリー小説)です。
テーマは、医療ミステリーて言うのでしょうか。大学病院が舞台です。

ここから先は、ネタバレなんで、興味ある人は読まないほうがいいです。

内容は、現在日本で禁止されてる15歳以下の小児の臓器移植がテーマで、内容的にはかなり強引に結末に行ってしまうことや、あっさり、人が死んじゃう内容に、なんとなく引き込まれました。
で、日本では臓器移植出来ない、難病の子どもに、アメリカで臓器移植を受けさせるんですが、実は、ドナー待ちの状態が長くなり、病気に間に合わないため、動物の臓器を遺伝子組み換えで移植するものです。で、それがウイルスに感染するというお話。
専門用語がバシバシ出てきたりはしませんが、素人には解りづらい点もあるのですが、まあ、そこ斜め読みで・・・・・。

てな訳で、おすすめの1冊です。


最近、わたくしは、女性が主人公の小説を主に読んでます。





感染 (小学館文庫)
小学館
仙川 環

ユーザレビュー:
主人公なにやってんの ...
啓介さん…主人公はウ ...
ロビン・クックの「ア ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






感染
楽天ブックス
小学館文庫 著者:仙川環出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:301p発行年月:2005年09月この著


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書 (11/13) さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる