さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主圧勝

<<   作成日時 : 2009/08/30 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうやら、政権交代が成りそうです。

まあ、ここまで勝つとは思わなかったけど、なんでだろうね。

私自身も、政権交代はあったほうがいいとは思ってはいるけど、

ここまで自民党が惨敗する理由はなんだろう。

前回、郵政民営化選挙で、自民党は民営化反対者に刺客を

送り込み、口封じのようなことをやった。その反動でしょうか。

静岡の片山さつき氏、東京の佐藤ゆかり氏などが小選挙区で

議席を落としたようです。

岐阜1区の野田聖子氏も小選挙区で議席を落としそうです。(落とした?)

その反動でしょうか。

前回、小泉純一郎氏は、自民党をぶっ壊すと言って総理になったっ

訳ですが、その通りになったわけです。

まあ、あの人を馬鹿にしたような人事をやったら、日本人の大事に

している人と人のつながりをぶっ壊されたわけだから。

今まで、政治家として支援してきたのは、もちろん政策とかも大事

だけど、党員としてのつながりというのは大切だったと思うのだけど。

小泉政権はそれを足蹴にしたうなもんだからねぇ。

で、なおかつ、息子は当選しそうな訳だからなんとも言えんなぁ。

途中で、小泉カンバックの呼び声が高かったようですが、カンバック

してたら、結果は変わっていたのでしょうかねぇ。ありえんなぁ。

しかし、今回もメディアの報道に踊らされたような気がせんでもないが

これから、民主党の手腕のお手並み拝見ですね。

なんせ、政策的にはど素人集団なんだから。

まず、国会議員の給料下げる事からやってほしいわ。

もう、地方は過疎や不況の煽りをもろに被ってますから、どうやって

国家を立て直すのか、手腕に期待したいですね。一応は・・・・。

さて、ひょっとしたら、小沢一郎が念願の総理になるような

事もあるかもしれませんね。




小泉政権
楽天ブックス
「パトスの首相」は何を変えたのか中公新書 著者:内山融出版社:中央公論新社サイズ:新書ページ数:25

楽天市場 by ウェブリブログ

小泉政権50の功罪
楽天ブックス
劇場型政治で日本は何を失ったのか 著者:鈴木棟一出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:358

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主圧勝 さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる