さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本スポーツの展望

<<   作成日時 : 2010/01/04 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年はバンクーバーオリンピックとサッカーワールドカップ

が開催される年で、スポーツへの注目も大きいと思います。

昨年の事業仕分けでスポーツに対する予算削減の話で

メダルを狙えない競技は切り捨ててはどうかの意見が

ありましたね。

仕分け側は、全体の予算は決まっているのだから、集中して

投入する方が費用対効果が大きいとの考え方。

JOC(だけではなかったが・・・)側は、予算を切ってしまうと

マイナーな競技は死活問題だとの意見です。

どちらの意見も当然だと思います。

でも、予算には限りがあるのは当たり前です。

しかも、日本ではスポーツに対する予算に対して、皆が皆

賛成しているわけでは無いと言うことは認識すべきでしょう。

特に、冬季オリンピックの参加競技で、ソリ系の競技には

費用などの問題もあり、競技人口が極端に少ないですし・・・。

でも、お金かかっちゃう競技ですよね。

冬季の競技では、近年、距離スキーやアルペンなどでも

入賞の期待が持てるほどになってきましたし、ジャンプや

スケートでももしかしたらという所まで来ています。

これは、地道に強化してきた結果だろうと思います。

逆に、夏期競技のボールゲーム(バレー、ハンドボール

バスケット等)は世界から置いて行かれてますしねぇ。

さて、日本のスポーツはずっと企業スポーツでした。

でも、これでは底辺は育ちませんね。

もっと、企業が自治体が施設を整備し開放することが

必要でしょう。

また、いろいろなクラブチームが地域で支えられる構図

が必要でしょうね。

まあ、まだまだ100年くらいはかかりそうですが・・・・。

特に四国では、スポーツは後進国ですから・・・。

香川県にはバレーボール、バスケットボール、野球

サッカー(現在の所、これが一番ショボイが・・・)などの

クラブチームがあるのですが、地域に馴染んでいるとは

お世辞にも言えません。

なんせ、県内出身者や四国出身者がお飾り程度なので

なかなか応援しようかと言う所まで行きません。

しかも、このウチのバスケと野球は穴吹建設にも支援されて

ましたから、来年はどうなっちゃうのって感じ。

是非とも、自治体および県協会とも協力して、育成にも力を

入れて、チームが県出身者で埋まるようになれば、もっと

支援されると思います。

そんなチームやクラブが日本中に出来れば、もっともっと

日本のスポーツは盛り上がると思うのですが・・・。

なので、まずは、コーチングスタッフの育成からでしょうかね。



 【5年保証付】【2006年トリノオリンピック記念限定】オメガ スピードマスター 3836.70.36 クロノグラフ レザー ホワイトシェル レディース
ブランドショップ ブルーク
→詳細を見る■ストップウォッチ針に施された五輪マーク、五輪カラーを彩ったインデックスとプレミア感満載


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本スポーツの展望 さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる