さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発、決断の時

<<   作成日時 : 2011/03/20 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2





福島原発の電源が1部回復した。

東京消防庁や自衛隊員の決死の作業によるものだ。

もちろん、東電の社員も頑張った。

メディアでは、この手の作業を大々的に報じている。

家族からの頑張ってのメールや非難している東電の

社員の家族達の気持ちを放送されている。

つい、最近までは、非難囂々だった東電・・・・。

頑張りが報われたのか、非難の報道はやや少なめ。

でも、これは日本人的な浪花節。

これで、事実を見落としてはいけない。

確かに、電源の回復で一部の冷却装置は稼働した。

でも、全部稼働して、炉心溶融を止めなければ、全部が

無意味な作業となる。

体に浴びた多くの放射線。

その作業を無駄にしないためにも、システムの回復が必至

である。

また、もう一つ言える事。

それは、最初の危機管理が上手くいっていればこうならな

かったと想像できる。

原子力の専門家達は声を揃えて言う。

「想定の範囲外だった。」

たしかに、地震による津波の被害は甚大なものだったのだが

原発は、それを跳ね返せねばならない。

これで、炉心溶融が起これば、福島県は壊滅状態になるだろう。

「冷却装置が働かないとは思わなかった」

では済まされない話だ。

電力関係者や原子力関係者は、もっと、安全に対して真摯に向き

合って欲しい。

絶対・・・・はないにしても、限りなく絶対安全に近づけて欲しいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一企業をただ責めて
日本の将来をまかせきりにした国の責任は
問われないのだろうか?

地震直後の初動で国がしっかりと
優先順位をつけて対策を行い
放射能漏れがひどくなる前に
外部電源の復旧を何千人かけようが
最優先で行うなどしていれば
被害を最小限でおさえられたのではないか?
こんな事を思う人はいないのだろうか?
通りすがり
2011/03/21 01:51
Resが遅くなり、すいません。

おっしゃる通りだと思います。
国、自治体、地域住民、みんなの責任ですね。
関連市町村の首長が言ってました。
「原発があるから、過疎の地域は活性化もした。雇用もあって、一概に悪ばかりではない」と言うようなことを。(言葉は正確ではありません。)

ただ、外部電源の復旧に何千人もかけるのも、防護服の不足やなんかで必ずしも可能ではなかったようです。ハイパーレスキューなんかも渋ってたようですし。
でも、消防隊員なんかは、放射能に対する訓練もおこなてるようなので、彼らがやらなくて誰がやるのって思いますが。自衛隊も同じです。危険が大きいからやらないのでは、普段ナンのために給料貰ってるの・・・って思います。まあ、断片的な情報だけで判断してるので、誤解もたくさんあるのでしょうが・・・。
homisan
2011/03/24 12:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発、決断の時 さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる