さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)

アクセスカウンタ

zoom RSS 横文字乱発でわけがわからん・・・・

<<   作成日時 : 2011/04/09 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近(といってももう7〜8年)、聞き慣れない横文字が多い。

まずは、コンシェルジュ

ドコモのCMで、iコンシェルとか言ってた。
-------------------------------------------------
コンシエルジュは本来「集合住宅(アパルトマン)の管理人」という程度の意しか持たない単語である。そこから解釈を広げ、ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応する「総合世話係」というような職務を担う人の職名として使われている。宿泊客のあらゆる要望に応える事をそのモットーとしていることもあり、「(宿泊客の要望に対して)決してNOとは言わない」と言われている。
-------------------------------------------------
(↑ウィキペディアより。)

日本コンシェルジュ協会なんてぇのもあるらしい・・・。

次。

ソリューション
これは、問題を解決する事・・・・らしい。
ITソリューション → IT問題を解決する事・・・・になるんかぁ?


次。
ソーシャル

こちらは、社公的、社会的という事らしい。

SNS(ソーシャル・ネットーワーキング・サービス)は社交的な網の提供?
って、直訳しすぎやろ・・・・。
「社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事」

ソーシャルコストは、社会的な値段って事か・・・・。

次。
アナリスト
評論家、分析家らしい。
経済アナリスト、軍事アナリスト、政治アナリスト・・・・・。
経済評論家、軍事評論家、政治評論家でえんちゃうん!!

次。
ホスピタリティ
お互いを思いやり,手厚くもてなすこと,または歓待をする事
って、普通に接待とかもてなしとか言えって。


ビジネスパーソン
ビジネスマン、ビジネスウーマンに代わる言葉。
英語の原義では実業家や経営者だが、日本では特に営業を主とする交渉ごとに関わる会社員を指してもこう呼ぶらしい。
全く、普通にビジネスマンやビジネスウーマンでええやん!

最後
リテラシー
「言語により読み書きできる能力」を指す言葉で、元来「識字」と日本語訳されてきた言葉。近年、情報化社会の進展からコンピュータの利用技術を持つか否かによって個人の可能性が大きく左右することから暗に「情報リテラシー」を示すことが多い。また、原義にはないものの「ある分野の事象を理解・整理し、活用する能力」一般をリテラシーと称する・・・らしい。


って、こんな言葉がネットに溢れている。

また、ニュースでもけっこう使われる。

慣れないと、全くわかんない。

日本のニュース見るのに、辞書が必要になるわ・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横文字乱発でわけがわからん・・・・ さつま芋農園PART2 (homisanの憂鬱)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる