テーマ:ミステリー

読書「珈琲店タレーランの事件簿」

人の死なないミステリー・・・・。 珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) ----------------------------------------------------- 内容紹介 女性バリスタの趣味は――謎解き! 理想の珈琲を追い求める青年が、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

読書「聖女の救済」東野圭吾

ガリレオシリーズです・・・・。 少し前に購入してましたが、なかなか読めずに、ようやく読了。 このシリーズ、私が読む前に、すでにTV放映されていて、 湯川 学=福山雅治 内海 薫=柴崎コウ 草薙 俊平=北村一輝 ってイメージがインプットされるので結構邪魔・・・・・。 それは、それとして、この作品は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍パブリ「東京大洪水」高嶋哲夫

この間まで、「電子書籍なんか使えるか」と言ってた私。 文字フォントが変更可能で、書籍の種類が豊富なアプリを 見つけました。 それが、パブリ。 対応している出版社の数も多いので、当然、中のソフト(書籍) も多くなります。 本屋で買わなくて良いから、ちょっと××な本でも買おうかと ちらっと思ったけど…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

読書「水の迷宮」石持浅見

bookデータベースより -------------------------------------------------- 三年前に不慮の死を遂げた水族館職員の命日に、事件は起きた。羽田国際環境水族館に届いた一通のメールは、展示生物への攻撃を予告するものだった。姿なき犯人の狙いは何か。そして、自衛策を講じる職員たちの努力を嘲笑う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DVD「インシテミル」

昨年10月に封切られた映画、「インシテミル」 時給112,000円のアルバイト。 参加者10名で、7日間。 まあ、なんで、日本のミステリー映画ってちゃんと出来ないんだろう・・・・。 原作は、米澤 穂信。 ----------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ」松岡佳祐

Booksレビューより ---------------------------------------------- 「これは贋作ではないか?」かつて、ルーヴル美術館で凛田莉子が『モナ・リザ』に抱いた違和感。その直感が、莉子の人生に転機をもたらす。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅷ」松岡佳祐

松岡佳祐の最新シリーズ「万能鑑定士Qの事件簿Ⅷ」 ------------------------------------------------------- 内容(「BOOK」データベースより) 波照間島から凛田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地番がない!

O阪府T槻市での出来事。 我々の仕事で、法務局で地積調査をやる事があります。 道路が、ちゃんと公共用地かどうか確認のためです。 そこで、公図をとって要約書をとります。 ところが、公図にあって要約書にない地番があったりします。 現在、公図を閲覧すると、PC化された公図が出力される訳です。 たぶん、その時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書「人体工場」仙川環

内容(「BOOK」データベースより) ---------------------------------------------- 尿に多量のたんぱくが出ているのに、腎機能にはまったく異常がない―。美人医師・若松みなみの検査を受けた大学生の真柴徹は、以前に軽い気持ちで参加した治験のアルバイトに疑いを抱く。一緒に治験を受けた火野美紀と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「夢は枯れ野をかけめぐる」西澤保彦

出版社 / 著者からの内容紹介 ------------------------------------------ 勤務先を早期退職し、ひとり静かに暮らす中年男・羽村祐太。だが、彼のもとになぜか、数々の不思議な事件の相談が持ち込まれ……。ミステリ界の雄! 西澤保彦ワールド全開!! ------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅶ」松岡佳祐

「BOOKデータベース」より ------------------------------------------------------ 純金が無価値の合金に変わってしまう“逆錬金術”の謎を追って、凛田莉子は有名ファッション誌のカリスマ女編集長に接近する。小説の盗作騒ぎから5億円のペンダント紛失まで、数々の事件を解決に導いた莉子の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DVD「ゴールデンスランバー」

ってなわけで、昨年映画になって、今年DVDが出てます。 多少、内容かえてんのかなぁ。 レンタルでも、新作でなくて、もうしばらくしてからでも良いような。 なんせ、結末の解ってるミステリーほどつまらんものはない。 まるで、20年続く、夫婦生活のようで・・・・。 あ、いやいや、冗談ですが・・・・。 映画の公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

------------------------------------------ 内容(「BOOK」データベースより) 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「行きずりの街」

内容(「BOOK」データベースより) 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「契約」明野照葉

久々に、読書の話。 って、あいもかわらずミステリーですが。 -------------------------------------------------- 牧丘南欧子、三十四歳。つまらない仕事。くだらない恋人。サエない日常。下り坂の人生だ。そんな時、突然の申し出が舞い込む。ある人物が彼女を見込んで雇いたいと言っている。つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「長い腕」川崎草志

Amazonの解説 --------------------------------------------------- 新人作家の登竜門たる、第21回横溝正史ミステリ大賞を受賞した話題作である。ゲーム製作会社に勤務する主人公は音楽と読書、そして孤独を愛する女性。現在の仕事に大きな不満はないが、同じ場所に居続けることを好まないた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「使命と魂のリミット」東野圭吾

大阪出張中に読みました。 東野圭吾の医療ミステリー。 まずは評価から・・・・。 面白い!☆☆☆☆☆です。 使命と魂のリミット楽天ブックス 商品副データ角川文庫東野圭吾角川書店/角川グループパブリッこの著者の新着メールを登録する発行年月:2 楽天市場 by 使命と魂のリミット楽天ブッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ

万能鑑定士Qの公式サイト 先週の、大阪~愛知出張の際に、新大阪の KIOSKでゲットしました。 今回の舞台はフランス。 万能鑑定士Q、いよいよ海外進出です。 今回の題材はフォアグラ。 言わずと知れた高級食材。 その作り方に対する批判が込められています。 まだ、意識して食べた事がない・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「東亰異聞」小野不由美

内容(「BOOK」データベースより) 帝都・東亰、その誕生から二十九年。夜が人のものであった時代は終わった。人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈する街・東亰。新聞記者の平河は、その奇怪な事件を追ううちに、鷹司公爵家のお家騒動に行き当たる…。人の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方は本が出るのが遅いのか・・・・

雑誌は、昔は2日遅れで来てました。 今はどうかな。 すっかり、雑誌を買わなくなってしまいました。 今、買っているのは、小学館の「ビッグコミック」 オンリー。 「総務部総務課山口六平太」が好きなのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デスノート」映画

先日、ふとしたことで、「デスノート」を見た。 ノートに名前を書けば、その人が死ぬ。 1,2を見ないとストーリーは解らない。 まあ、キラ=矢神月(ライト)=藤原達也 なんだけど、世の中の犯罪者を粛清する というストーリー。 実は、この物語のスピンオフ作品、 「L change the world」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオハザードⅣ・アフターライフ

ソニーピクチャーズ配給。公式HP 9/10(金)世界同時公開。 しかも、3D映像・・・・。 ゾンビが一杯で血しぶきが飛ぶのを、リアルな3Dでみるのは ちと腰が引ける。 ミラジョボビッチ主演。監督のポール・W・S・アンダーソンは 彼女のご主人様。 若いと思っていたミラも、もう34歳。 アイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東野圭吾「夜明けの街」を引きずってみる。

非常に印象に残った本なので、引きずってみる。 主人公の渡部。 当初は、秋葉にまったく興味がなかったのに ふとしたことから、恋に落ちる。 その前に、大学の同級生4人で飲んでいて 景気の良い話がないと4人で愚痴る。 昔は、どんな話が多かったかふりかえると、 「女の話」で盛り上がったそうだ。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「夜明けの街で」東野圭吾

---------------------------------------------- 出版社 / 著者からの内容紹介 渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書「KEEPOUT」黒崎視音(くろさきみお)

--------------------------------------- 内容紹介 大好評『警視庁心理捜査官』シリーズの最新作。いきなり文庫で登場! 心理捜査官・吉村爽子再生の物語。 内容(「BOOK」データベースより) 警視庁の「心理応用特別捜査官」だった吉村爽子。世を震撼させた連続猟奇殺人事件を見事に解決したが、現場主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「汝の名」明野照葉

明野照葉(あけのてるは) 公式ファンサイトです。 内容(「BOOK」データベースより) 若き会社社長の麻生陶子は、誰もが憧れる存在。だが、その美貌とは裏腹に、「完璧な人生」を手に入れるためには、恋も仕事も計算し尽くす女だ。そんな陶子には、彼女を崇拝し奴隷の如く仕える妹の久恵がいた。しかし、ある日から、二人の関係が狂い始め、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書「警視庁心理捜査官(上・下)」 黒崎視音

先日、岡崎市に出張に行った時に読みました。 黒崎視音(くろさき みお) 臨場した捜査一課に所属する心理捜査官・吉村爽子は犯人像推定作業を進める。警察小説に新風を吹き込むと絶賛された傑作。 ・・・・とあります。 上巻、下巻に分かれています。 かなり長い。 猟奇殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ」松岡圭祐

凛田莉子が活躍する、万能鑑定士Qの事件簿の4作目 4月から毎月1作のペースで出版されています。 今回は、催眠シリーズの嵯峨敏也が登場します。 4作目ということで、展開も、ややまどろっこしく、 面白さも少し オチというか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「潜伏・Incubation」仙川環

仙川環五作目の医療ミステリー。 若年制アルツハイマーを扱ったミステリーです。 仙川環さんのHP まあ、五作目なので、ある程度パターンも決まってきます。 刑事事件になり、解決するというパターンでもないし。 劇的なサイドチェンジ(展開の変化)があるわけでもない。 淡々と物語が進んでいきます。 面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私が彼を殺した」東野圭吾

加賀恭一郎シリーズ、第5作。 この作品、犯人は証されません。 読者が、謎解きします。 知らずに、買いましたが、私はあまり好きでは ありません。 ただ、作品の内容的には面白いです。 登場人物も少ないし、容疑者は3名です。 その中から、選ぶ訳ですが、よーーーーく 読まないと解らない。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more