テーマ:読書

[植物図鑑」有川浩

------------------------------------------------------- ある日、道ばたに落ちていた彼。 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。 躾のできたよい子です」 「―あらやだ。けっこういい男」 楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる―。 書き下ろし番外編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日

5月3日は憲法記念日でしたね。 各地で、護憲派、改憲派の集会があった もようです。 憲法改正といっても、いろいろな要件が あるはずなのですが、何故か9条ばかりが 問いただされています。 それ以外は、ほとんど、ちゃんと聞いたことがない。 これは、政権政党の戦略が悪いんでしょう。 特に、国民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「紙の月」角田光代

久々の更新。 「八日目の蝉」の角田光代さんの作品です。 角田光代さんの作品は初読みです。 今まで読んだことがない作家の作品を、何故読む気になったか・・・。 11月15日全国公開の映画化される作品が表紙になってます。 宮沢りえが札束にまみれてる写真。 今年の1月には、NHKのドラマになってます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日は読み聞かせ 3年1組

本日読むのは「目黒のさんま」 言わずと知れた、落語のネタですね。 この、お話、絵本にもなってます。 川端誠の絵本落語シリーズです。 めぐろのさんま(6) [ 川端誠 ]楽天ブックス 落語絵本 六 川端誠 クレヨンハウス発行年月:2001年12月 ページ数:1冊(ペ サイズ:単行本 楽天市場 by …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書「珈琲店タレーランの事件簿」

人の死なないミステリー・・・・。 珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) ----------------------------------------------------- 内容紹介 女性バリスタの趣味は――謎解き! 理想の珈琲を追い求める青年が、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金曜日は読み聞かせ 11月9日

家内が読んだ本が間違ってました。 「ぶんぶくマッサージチェア」でした。(11月15日訂正) 金曜日です。久々の読み聞かせ。 今日は四年一組。 八時十分開始なのですが、なかなか呼ばれないと 思ってたら、先生が忘れてたみたい。 まぁ、気づいてくれたのでよしとしましょう。 この日は、魔女さんが、谷川俊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」

「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」 胸の大きい、古本屋の主人公、栞子さんの 活躍する、シリーズの3作目です。 3作目に登場する古本は、この3作。 ・『王様のみみはロバのみみ』(ポプラ社) ・ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫) ・宮沢賢治『春と修羅』(関根書店) …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

阪急電車に乗って「阪急電車」を読む。

今、ちょっと、仕事のデータ待ち・・・。 あと30分連絡がなければ帰ります。 ところで、2月に見た映画のDVD「阪急電車」やっとこさ 原作を読み終えました。 先日、京都に行くときに、阪急電車の中で読みました。 映画の出来も良かったけど、やっぱり原作の方が面白い。 主に、恋愛小説なので、結果がわかっていて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書「ビブリア古書堂の事件手帖-栞子さんと奇妙な客人たち-」 三上延

内容(「BOOK」データベースより) ----------------------------------------------------- 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者とし…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

読書「災厄」永嶋恵美

電子書籍、hontoで購入です。(2/22日、加筆修正) その解説。 --------------------------------------- 妊婦連続殺人犯の少年を担当することになった弁護士の夫・尚彦――。その妻で現在妊娠5ヵ月めの美沙緒は、悪意のドミノが倒されたかのように始まった嫌がらせの連鎖に、恐怖を募らせていく。少年…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

電子ブック「Reader」ソニー

先日の日曜日、みかんおやじさんと話をしていて、 「新しいソニーの電子ブック「Reader」がキャンペーンを やっていて、本体価格+580円/月で3G対応の通信 機能を使えるんだ」 と言ってるので、 「そんな安いわけないやろ。よう、調べてみいや」 とさんざんこき下ろしたのですが、 ものは試しと調べ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電子書籍パブリ「東京大洪水」高嶋哲夫

この間まで、「電子書籍なんか使えるか」と言ってた私。 文字フォントが変更可能で、書籍の種類が豊富なアプリを 見つけました。 それが、パブリ。 対応している出版社の数も多いので、当然、中のソフト(書籍) も多くなります。 本屋で買わなくて良いから、ちょっと××な本でも買おうかと ちらっと思ったけど…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

読書「水の迷宮」石持浅見

bookデータベースより -------------------------------------------------- 三年前に不慮の死を遂げた水族館職員の命日に、事件は起きた。羽田国際環境水族館に届いた一通のメールは、展示生物への攻撃を予告するものだった。姿なき犯人の狙いは何か。そして、自衛策を講じる職員たちの努力を嘲笑う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金曜日は読み聞かせ 5月27日(金)

今年も行きます。読み聞かせ。 この日は1年1組 まずは、家内が「さよならさんかくまたきてしかく」 と言う本を読みました。 それから、「ぼくだんごむし」 ぼく、だんごむし楽天ブックス かがくのとも傑作集 得田之久 たかはしきよし 福音館書店発行年月:2005年04月 予約締切日:20 楽天市場 by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ」松岡佳祐

Booksレビューより ---------------------------------------------- 「これは贋作ではないか?」かつて、ルーヴル美術館で凛田莉子が『モナ・リザ』に抱いた違和感。その直感が、莉子の人生に転機をもたらす。37年ぶりに日本開催が決まった『モナ・リザ』展。そのスタッフ登用試験に選抜されたのだ!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅷ」松岡佳祐

松岡佳祐の最新シリーズ「万能鑑定士Qの事件簿Ⅷ」 ------------------------------------------------------- 内容(「BOOK」データベースより) 波照間島から凛田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「人体工場」仙川環

内容(「BOOK」データベースより) ---------------------------------------------- 尿に多量のたんぱくが出ているのに、腎機能にはまったく異常がない―。美人医師・若松みなみの検査を受けた大学生の真柴徹は、以前に軽い気持ちで参加した治験のアルバイトに疑いを抱く。一緒に治験を受けた火野美紀と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「夢は枯れ野をかけめぐる」西澤保彦

出版社 / 著者からの内容紹介 ------------------------------------------ 勤務先を早期退職し、ひとり静かに暮らす中年男・羽村祐太。だが、彼のもとになぜか、数々の不思議な事件の相談が持ち込まれ……。ミステリ界の雄! 西澤保彦ワールド全開!! ------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅶ」松岡佳祐

「BOOKデータベース」より ------------------------------------------------------ 純金が無価値の合金に変わってしまう“逆錬金術”の謎を追って、凛田莉子は有名ファッション誌のカリスマ女編集長に接近する。小説の盗作騒ぎから5億円のペンダント紛失まで、数々の事件を解決に導いた莉子の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読書「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

------------------------------------------ 内容(「BOOK」データベースより) 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。訝る青柳に、森田は「おまえは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「行きずりの街」

内容(「BOOK」データベースより) 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「契約」明野照葉

久々に、読書の話。 って、あいもかわらずミステリーですが。 -------------------------------------------------- 牧丘南欧子、三十四歳。つまらない仕事。くだらない恋人。サエない日常。下り坂の人生だ。そんな時、突然の申し出が舞い込む。ある人物が彼女を見込んで雇いたいと言っている。つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「長い腕」川崎草志

Amazonの解説 --------------------------------------------------- 新人作家の登竜門たる、第21回横溝正史ミステリ大賞を受賞した話題作である。ゲーム製作会社に勤務する主人公は音楽と読書、そして孤独を愛する女性。現在の仕事に大きな不満はないが、同じ場所に居続けることを好まないた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストロベリーナイト ドラマ化

なんと、誉田哲也の「ストロベリーナイト」がTVで ドラマ化されるようです。 主演は竹内結子、主題歌が柴咲コウ 柴咲コウ主演でも良いけどなぁ。 私の書いたブログの記事 ちょっと、竹内結子のイメージじゃない。 もっと、ハードな感じの女優がいい。 楽天では、古本で99円。 少しは、値打ちがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「万能鑑定士Qの事件簿Ⅵ」松岡圭祐

10月22日発売のシリーズ6作目。 今回は、万能鑑定士 凛田莉子 対 天才詐欺師 雨森華蓮 の対決です。 BOOKSレビューより ----------------------------------------------------- 町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日は読み聞かせ、10月22日(金)

10月22日金曜日、1年1組です。 まず、私が、「とげとげ おなもみ くっつきた~い」 次に家内が「ぽんぽん山の月」 を読みました。 今日は、絵本ナビへのリンクです。 おなもみ、はまだまだ青いので、くっつきません。 ところで、「くっつきたい」ではなくて「ひっつきたい」 だと子ども達に言われました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「使命と魂のリミット」東野圭吾

大阪出張中に読みました。 東野圭吾の医療ミステリー。 まずは評価から・・・・。 面白い!☆☆☆☆☆です。 使命と魂のリミット楽天ブックス 商品副データ角川文庫東野圭吾角川書店/角川グループパブリッこの著者の新着メールを登録する発行年月:2 楽天市場 by 使命と魂のリミット楽天ブッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ

万能鑑定士Qの公式サイト 先週の、大阪~愛知出張の際に、新大阪の KIOSKでゲットしました。 今回の舞台はフランス。 万能鑑定士Q、いよいよ海外進出です。 今回の題材はフォアグラ。 言わずと知れた高級食材。 その作り方に対する批判が込められています。 まだ、意識して食べた事がない・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書「東亰異聞」小野不由美

内容(「BOOK」データベースより) 帝都・東亰、その誕生から二十九年。夜が人のものであった時代は終わった。人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈する街・東亰。新聞記者の平河は、その奇怪な事件を追ううちに、鷹司公爵家のお家騒動に行き当たる…。人の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方は本が出るのが遅いのか・・・・

雑誌は、昔は2日遅れで来てました。 今はどうかな。 すっかり、雑誌を買わなくなってしまいました。 今、買っているのは、小学館の「ビッグコミック」 オンリー。 「総務部総務課山口六平太」が好きなのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more